2008年11月19日水曜日

果てしない搬出


17日には「汽水域」の搬出をしました。
なじみすぎて気づかないという声も多かったですが、

作品は取り除かれます。

この日は天気も優れず、海辺は風が強く
危うくボルテージを上げていなければ、風邪をひいてしまうところでした。
ま、ひきませんでしたけど




途中、黄色いスワンが壊れてシーソーとの接続部分にヒビなどはいりました。
直して、このあとはとりあえず学校に運びます。

やはり大人の乗車による、激い動きは危険なので、そこが問題ですが、
どこか安全なところに設置したいと考えてます。

この作品どこかいいところが有りましたら声かけてください、
プロフィールのところから→
連絡先でメールできます。

この作品を外に設置したいと一同願っています。


今日は朝から六角紫水展のオープニングに漆メンバーとして参加しました。


今日は一倍寒波がやばくて寒かったのに
短パンなんか履いて行ってしまいましたし、

更に六角紫水のオープニングには、
短パンは、場違いでした。

漆の皆でNHKの番組コールもやったし、今日は結構そわそわした1日でした。


さかのぼりますが、15日〜宝町の骨董品や作品を取り扱う店で沢山の作家の皆さんが、
作品展示販売しています。

絵画や彫刻、織物、漆
の作品が

私達も置かせてもらっているので、是非みて買ってください。売ってます。


2008年11月10日月曜日

ヲルガン座



ヲルガン座でのグループ展示がありました。
建物がいい感じだったので、面白かったです。
またここで作品撮りたいと思っています。




昼からずっといたので食べたり、しゃべったりしてたら
漆工房のみんながぞくぞくと集まってきてくれて、





なんか話したり
時間つぶしたり
バイトのシフト組んでる人もいたり、
不思議な感じでした。



展示と、ビルの上の方では展示をして、
カフェの方ではグッズなど小物、売ったりしていました。
竹原さんの店の接客。↑


今回の新しいグッズです。↑

顔ストラップも売ってました。毎度おなじみですが、
「顔がおちてなくなった」という声が多く

問題だと思っていたので、今回接続部分を強化しました。
たぶんあまり落ちないと思います。

他のアーティストの皆さん
この度はありがとうございました。

2008年11月2日日曜日

オープニングと打ち上げ



汽水域はじまりました。今日は看板に記載してある通り、シーソーの鍵を解除しにいきました。
一応安全面のこともあり、鍵を解除するのは私達が監視できる日だけにしています。

作品名「Synchronized Evacation」 意味は「一緒に排泄する」みたいなことです。
両サイドのスワンはおまるです。
排泄するプライベート空間からいきなり二人でコミュニケーション→汽水域です。




結構、公園に溶け込みすぎて、新しい遊具来たなって、
感じに思われてるんじゃないかと思います。

まあそれでいいと思います。

子供達も来て遊んでもらえてるようですし。




video

岡山から三宅さんと、丹正さん、遊びにきて
いただきました。
動画使わせていただきます。



シフン製作所は今回、絵を沢山使用してもらいました。

ポスターのに絵と汽水域の文字デザインを使ってもらって、
至る所に貼ってありうれしい限りです。
旧中工場の裏には大きな看板も作ってもらっています。